2009年09月29日

天使のパン?

多以良泉己(元競輪選手)さん。2005年夏。レース中、ゴール直前で後ろから3人に追突され、頸椎、脊髄、脳を損傷、全身麻痺となりました。
その多以良泉己さんが心を込めて手作りするパン・ケーキは「癒された」「やさしい気持ちになりました」と多くの方から、反響の便りが届くそうです。
カラダにやさしい最高の素材だけを選び、食べる人の笑顔を思い浮かべながら、”3時間にひとつだけ”焼き上げる。
天使のパン、ケーキには、「食べた人にしあわせになってもらいたい」という強い願いが込められているそうです。

多以良泉己さんが作るパンを食べるには今予約して2年〜3年待ちだそうです。一度食べてみたいですが、3年先まで待てるかな?

税理士紹介e-net/大阪・京都・滋賀(税理士事務所の無料紹介)/京都市南区

生命保険見直し相談プラザ(来店・訪問どちらでも選べる)/京都市南区
posted by ユメクイ at 09:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。